FORMS

ハーフアームの椅子
Instagram
2019/07/02

ハーフアームの椅子


新作のハーフアームチェアが入荷しました。


こちらは国産の椅子となります。
ハーフアームとは、肘掛けが半分までしかないという意味。そのまんまです。一般的な後ろから前まで肘掛けのあるアームチェアに比べ、出入りがしやすくなり、そして軽やかに。



肘掛けがありながら比較的コンパクトで、背あたり良し。肘掛けの高さも良し。座面は板座で清潔感を維持することができ、ざぐりを施してあるため、当たりもやわらかくナイスな掛け心地です。
他にはスタッキングができたり、テーブルの上に肘をのせたりすることができます。



全体的に丸みを帯びた意匠ですが、非常に美しいデザインで良くまとまった椅子だと思います。
ハーフアームの椅子でロングセラーとなっている、柏木工のウィンザーチェア(クラウンチェア)などに引き続き、とても人気となりそうな予感。
ぜひ椅子選びの際はチェックしてくださいませ。

樹種に関しましては、現在はレッドオーク材のみの対応となり、後にウォールナット材も対応となります。


<
No.10・ハーフアームチェア>
W585×D495×H720(SH42)mm(4.8kg)


レッドオーク材 / ¥39,800+税
ウォールナット材 / ¥48,000+税


高さを無償オーダーできるチェアとなりますので、SH410~450まで自由にオーダー可能です。
また、専用チェアクッションも販売しております。










 

一覧に戻る